2018/01/24 10:15

 

こんにちは!天空のバラ園、園主です!!

600種以上の有機無農薬栽培されたバラの苗、季節の花の苗やハーブの苗を農場より産地直送販売をしています。

大寒を過ぎ、暦の上では今が一年で一番寒い時期と言われております。

春が待ち遠しい・・・。

ガーデナーの皆さんはご存知だと思いますが、

さむ~いこの時期に土づくりをしたり、

苗の植えつけを行うことで

春以降の庭の完成度がほぼ決まると言っても過言ではありません。

寒いですがちょっと勇気を出して(笑)お庭にでてみましょう!!(十分防寒対策はされてくださいね)

 

 さて、今日ご紹介するアイテムは「ボリジ」というハーブの苗です。

ハーブ苗 (6pot) ボリジ Borago officinalis
*-*-*-*-*-*-*-*-*
学名:Borago officinalis
別名:ルリヂシャ スターフラワー
ムラサキ科
一年草
大きさ:20cm前後
花の咲く時期:春~初夏
耐寒性:強
耐暑性:中
日当たり:日向~半日陰
*-*-*-*-*-*-*-*-*

スターフラワーの名の通り青い星のような花がとても可愛らしい植物です。

茎にキュウリのような香りがあります。これは同じムラサキ科のワスレナグサと同じですね(^^)

よく見たら花の形とかも似ています。

このキュウリの香りのおかげ?か大事な植物の根や花を食い荒らすコガネムシの忌避

有用と言われておりますのでバラやその他コガネムシ君が寄り付きやすい植物と

一緒に植えて上げると良いかもしれませんね。

そうそう、ベリー類と一緒に植えると生育や味が良くなるとも言われています。

 

 

 このボリジは花も可愛らしいのですが、古来より薬草とし重宝されてきた植物です。

学名に「officinalis」とありますが

オフィキナリスとは

「薬用の」という意味のラテン語で

学名からも薬用植物として認識されてきたことが伺えます。

「オフィキナリス」といえば

当園で扱いのあるガリカローズ

ロサ ガリカ オフィキナリス

Rosa galiica officinalisもそうですね(^^)

こちらはハーブティーの「ローズレッド(ペタル)」としても有名です。

 

 

ボリジの薬用植物としての歴史は古く、中世の時代には

「勇気の象徴」として知られ、

剣闘士が試合の前にボリジの葉のハーブティーを飲んで、戦いに備えたらしいです。

なんでも心臓の強壮剤として知られていて、動悸を鎮める作用があるそうです。

またまた種子をすりつぶしたものは皮膚の炎症を和らげる作用も。

(当園のハーブは園主も料理などによく使いますがあくまで観賞用として販売しておりますので利用は自己責任でお願いします)

 

有名なのは「花そのものを食べる」利用法でしょうか。

画像のようにサラダにぱっと散らすとインスタジェニックな一品があっという間に出来上がります。

正直、美味しいかと言われたら普通なのですが、当園ではホームパーティーのときなんかに

出すと喜ばれるので春のおもてなしの一皿用として欠かせない一品です(^^)

 

ボリジは簡単に発芽するので種から育てても良いのですが、面倒くさいのと

マンションだと場所が限られているので園主は毎年農場から苗を取り寄せます。

 

そうそう、砂糖漬けもおすすめです。

ボリジの花を摘んで、グラニュー糖に漬け込んでおくと1週間位でこんな感じになります。

砂糖代わりに紅茶やコーヒーに添えたり、ケーキなどのお菓子の飾りに使うのもオシャレです(^^)

 

 

まだまだ寒い時期が続きますが、春の庭の準備は今が正念場!!

このボリジも今植え付けておくと株が充実して春には沢山花を見せてくれると思います(^^)